地図を読み込んでいます...

日時
Date(s) - 09/02/2019
1:30 PM - 3:30 PM

開催場所
ホフィスネット会議室博多駅前店

カテゴリー


セミナーシリーズ【「標準」を読む】

ティーメディアコーポレーションでは、セミナーシリーズ【「標準」を読む】を開催しています。

このセミナーシリーズでは、現在、中国で急ピッチに整備が進んでいる、お茶に関わる「標準(标准)」を紹介しながら、お茶を読み解いていきます。

 

第6回は、黒茶の標準

セミナーシリーズの第2回以降は、実際にお茶を飲みすすめながら、標準での定義や製法をご紹介しています。

一連のシリーズ最終回となる第6回は「黒茶」をとりあげます。

黒茶は、伝統的に中国周辺の国家や少数民族向けに提供される、辺銷茶(辺茶)のイメージが強い茶類でした。
しかし、2006年頃にピークを迎えたプーアル茶バブルなどを通じて、良くも悪くも黒茶に対する、消費者の認知度と理解度は高まりました。

そうした中で2010年の上海万博を一つの契機として、伝統的な黒茶の産地が国内の消費者に向けたPRを強化するとともに、嗜好品として味わえるレベルの高級黒茶の開発が進んでいます。
その結果、黒茶は現在の中国の茶業界でも急成長を遂げている茶類として、急速に注目を集めるようになってきています。

今回のセミナーでは、こうした黒茶にまつわる昨今の事情をご紹介しながら、「標準」をもとにした黒茶の定義を紐解いていきます。
併せてプーアル茶、安化黒茶を代表とした主要な黒茶をテイスティングしていきます。

黒茶の製法の一部は中国の国家機密とされていることから、日本の市場においては、非常に曖昧な情報に翻弄されている面もあります。
今回の資料・お話・テイスティングを通じて、少しでも知識・情報の整理ができればと思います。

 

<日時> 2019年2月9日(土) 13:30-15:30 (開場13:15)

<会場> ホフィスネット会議室博多駅前店 D会議室
福岡市博多区博多駅前1丁目14-16 博多駅前センタービル 4F

<会費> 4,000円 ※当日申し受けます。

<定員> 12名 (現在の残席:9 席)

 

Bookings

¥4,000