情報サイトの運営や出版物の企画、電茶壺の販売などを通じ、お茶の魅力を高めていきます

ティーメディアコーポレーションは、”茶”が持つ嗜好品としての魅力に再度着目し、現代の社会に合った喫茶文化の創造に寄与し続けることを経営理念としています。
お茶に関する情報サイトの運営や出版物の企画・発行、電茶壺(電気ケトル)の企画・販売などを通じて、お茶の魅力を高めるために必要な”インフラ”を開発・整備しています。

お知らせ

セミナー「標準」を読む:第4回の開催日程(12月・東京)

ご好評いただいております、セミナー「標準」を読むにつきまして、 第4回(烏龍茶)の12月開催日程(東京) が確定いたしましたので、ご案内いたします。   第4回 烏龍茶の標準 セミナーシリーズの第2回以降は、実 …

セミナー「標準」を読む:第4回の開催日程(11月・東京)および第3回追加開催について

ご好評いただいております、セミナー「標準」を読むにつきまして、 第4回(烏龍茶)の11月開催日程(東京) 第3回(白茶)の11月開催日程(東京) が確定いたしましたので、ご案内いたします。   第4回 烏龍茶の …

海外取材に伴う休業について

平素はティーメディアコーポレーション及び弊社運営メディア、Teamediaオンラインストアをご愛顧いただき、誠にありがとうございます。 さて、海外取材に伴い、10月末より11月上旬にかけて、一時休業いたしますので、下記の …

セミナー「標準」を読む:第3回の開催日程(9月・東京)について

ご好評いただいております、セミナー「標準」を読むにつきまして、 第3回(白茶と黄茶)の9月の開催日程 が確定いたしましたので、ご案内いたします。   第3回 白茶と黄茶の標準 セミナーシリーズの第2回以降は、実 …

セミナー「標準」を読む:第3回の開催日程(8月・東京)と夏期集中講座開催について

ご好評いただいております、セミナー「標準」を読むにつきまして、 第3回(白茶と黄茶)の日程 夏期集中講座(東京)の日程 が確定いたしましたので、ご案内いたします。   第3回 白茶と黄茶の標準 セミナーシリーズ …

代表ブログ:「消観茶論」消費者の観点から見たお茶のあれこれ

第27回:「茶城」を考える

中国の大都市には、茶業者が多く集まる「茶城」と呼ばれる茶葉市場が存在します。 台湾や香港などには存在しない、この独特の流通拠点は、中国ならでは事情により形成されたものです。 茶の流通網が一度は壊滅 中国は、かつてはアヘン …

第26回:消えたはずの大禹嶺

お茶の世界では、色々なことが起こります。 たとえば、台湾最高海抜(約2600m)のお茶として、台湾はもとより、日本や大陸でも名前が通っている「大禹嶺」。 あまり日本では報じられていませんが、2015年11月に大禹嶺地域の …

第25回:広がりはじめた「茶の愛好家」の輪

今月の7日・8日、国内では最大の中国茶イベント「第13回 地球にやさしい中国茶交流会」が開催されました。 2008年から、私も含めた中国茶の愛好家グループが自主的に企画し、運営してきたイベントです。 ところが、各種報道に …

第24回:TEAVANAの店舗閉鎖決定から見えること

1ヶ月ほど前の話になります。 2017年7月27日、スターバックスは同社が展開する、お茶の専門店・TEAVANA(ティバーナ)の実店舗を2018年春までに全店閉鎖することを発表しました。 昨年の秋から、東アジアのスターバ …

第23回:書店の売場から

いずこの国も出版不況ではあるけれど 日本で「出版不況」という言葉を聞くようになってから、おそらく20年ぐらい経つのでしょうか。 特にAmazonなどのネットで本を買いやすい環境ができあがってから、街の書店はすっかり少なく …

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP