情報サイトの運営や出版物の企画、電茶壺の販売などを通じ、お茶の魅力を高めていきます

ティーメディアコーポレーションは、”茶”が持つ嗜好品としての魅力に再度着目し、現代の社会に合った喫茶文化の創造に寄与し続けることを経営理念としています。
お茶に関する情報サイトの運営や出版物の企画・発行、電茶壺(電気ケトル)の企画・販売などを通じて、お茶の魅力を高めるために必要な”インフラ”を開発・整備しています。

お知らせ

セミナー「標準」を読む:第4回、第5回の開催日程(3月・東京)について

ご好評いただいております、セミナー「標準」を読むにつきまして、 第5回(紅茶)の3月開催日程(東京) 第4回(烏龍茶)の3月開催日程(東京) が確定いたしましたので、ご案内いたします。   第5回 紅茶の標準 …

弊社Webサイト発信のメール不達について

平素はティーメディアコーポレーション及び各運営サイト、メールマガジンをご愛顧いただき、誠にありがとうございます。 現在、弊社Webサイトのセミナー予約確認メールやメールマガジンが不達となる事象が発生しております。 特にG …

メールマガジン「Teamedia News」の発行開始について

ティーメディアコーポレーションでは、2018年1月5日より、無料メールマガジン「Teamedia News」の発行を開始いたします。 セミナー情報、運営サイトの人気記事をご紹介 「Teamedia News」では、弊社で …

セミナー「標準」を読む:第5回の開催日程(2月・東京)について

ご好評いただいております、セミナー「標準」を読むにつきまして、 第5回(紅茶)の2月開催日程(東京) が確定いたしましたので、ご案内いたします。   第5回 紅茶の標準 セミナーシリーズの第2回以降は、実際にお …

年末年始の営業について

平素はティーメディアコーポレーション及びTeamediaオンラインストアをご愛顧いただき、誠にありがとうございます。 さて、年末年始の営業に関しまして、下記の通りご案内申し上げます。 年末年始休業日 2017年12月28 …

代表ブログ:「消観茶論」消費者の観点から見たお茶のあれこれ

第35回:品種化の進む中国茶

中国茶の多様性を生み出す、製法と品種 愛好者の立場に立つと、中国茶は種類が多いことも魅力の一つです。 「六大分類」という分類法に見られるように、各地域に様々な茶の製法があるということが一つ。 また、広い国土を有するがゆえ …

第34回:日本のコンテスト茶は安すぎる

昨日、テレビ番組で日本茶の紹介がされていました。 そのなかで、1kg58万円の玉露という話が出ていました。なんでも農林水産大臣賞を受賞したお茶だったのだとか。 その玉露と碾茶をブレンドした80g32,400円のお茶を試飲 …

第33回:中国の茶の生産量、2017年は約258万トンに

昨年末に中国の農業部から、2017年の生産量の概算リリースが出ていましたので、その内容をご紹介します。 中華人民共和国 農業部 生産量は258万トン、茶園面積は4400万畝あまりに 今回のリリースによれば、2017年の中 …

第32回:中国の国家標準『抹茶』の概要

あけましておめでとうございます。 本年もどうぞよろしくお願いいたします。 新年最初の話題は、昨年の11月に公布されたばかりの中国の国家標準(国家規格)『抹茶』についてです。 現在、日本でも日本茶業中央会において、国際標準 …

第31回:新しい茶文化を創る好機は「今」

今年の初めから更新してきたこのブログも、年内の更新はこれが最後になります。 そこで、年内の締めくくりになるようなテーマを1つ採りあげたいと思います。 マーケティング視点で、茶業界の現状を捉えてみようという試みです。 イノ …

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

セミナーのお知らせ

東京開催

広島・札幌開催

  • facebook
  • twitter

無料メルマガ登録(月1回配信)

メール
お名前
powered byメール配信CGI acmailer
アドレス変更・配信解除はこちら
PAGETOP