情報サイトの運営や出版物の企画、電茶壺の販売などを通じ、お茶の魅力を高めていきます

ティーメディアコーポレーションは、”茶”が持つ嗜好品としての魅力に再度着目し、現代の社会に合った喫茶文化の創造に寄与し続けることを経営理念としています。
お茶に関する情報サイトの運営や出版物の企画・発行、電茶壺(電気ケトル)の企画・販売などを通じて、お茶の魅力を高めるために必要な”インフラ”を開発・整備しています。

お知らせ

セミナー10月・東京の追加日程および中国茶研究室の開催について

ご好評いただいております、セミナー「標準を読む」につきまして、東京にて新規日程を追加いたします。 また、新しいシリーズとして、中国茶研究室「武夷岩茶2019」を東京にて開催いたします。 【セミナー「標準」を読む】第1回~ …

セミナー・ワークショップ福岡・広島開催日程(10月)について

ご好評いただいております、ワークショップ「台湾のお茶ガイド2019」「新茶を飲む・台湾の蜜香茶2019」につきまして、新たに福岡開催、広島開催を2019年10月に実施することになりましたのでご案内いたします。 ワークショ …

セミナー・ワークショップ9月・東京の追加日程について

ご好評いただいております、セミナー「標準を読む」およびワークショップ「新茶を飲む」「台湾のお茶ガイド」につきまして、東京にて新規日程を追加いたします。 【セミナー「標準」を読む】第1回~第5回 秋から新たに「中国茶の勉強 …

ワークショップ「新茶を飲む・台湾の蜜香茶2019」茶葉決定のお知らせ

先日ご案内いたしました「新茶を飲む・台湾の蜜香茶2019」につきまして、当日お飲みいただく茶葉が決定いたしましたので、ご案内いたします。 <当日飲みくらべる予定のお茶> 花蜜不知春(南投)、蜜香緑茶(台東) 蜜香貴妃茶、 …

セミナー・ワークショップ名古屋・京都・大阪開催日程(9月)について

ご好評いただいております、ワークショップ「台湾のお茶ガイド2019」「新茶を飲む・台湾の蜜香茶2019」につきまして、新たに名古屋開催、京都開催、大阪開催を、セミナー「台湾でお茶を買うノウハウ2019(実践編)」につき大 …

「消観茶論」消費者の観点から見たお茶のあれこれ

第82回:茶商ではない専門家が必要な理由

日本でお茶の専門家、特に中国茶の専門家といえば、お茶を販売する「茶商」というのが通例になっています。 しかし、私は一貫して「茶商だけが専門家では困る」ということを主張し続けています。 それが何故なのかは、なかなか理解しに …

第81回:インバウンド消費への対応力

先週は遅い夏休みをいただいて、北海道の東部を旅行してきました。 中華圏からの個人旅行者も多い 道東エリアは、2008年に公開された人気映画「非誠勿擾」(邦題:狙った恋の落とし方)の舞台となったことから、中国・台湾・香港な …

第80回:持ち味は何ですか?と問われれば

中国茶のセミナー活動を本格的に始めてから、約2年半になります。 当初は東京だけで開催していましたが、今では北は札幌から、南は福岡、さらには台北まで。 あちこちの街にお邪魔しております。 何でも詳しい? 入門者向けの講座は …

第79回:”21世紀のお茶”が増加中

「中国茶は歴史のあるもの」というイメージがあります。 これ自体はそれほど間違いでは無いようには思いますが、現実に流通している個々のお茶を見ると、決して歴史が長いとは言えないお茶も多くあります。 たとえば、人気の中国緑茶の …

第78回:中国の茶産地に続々出現する名茶の博物館

名茶の博物館、建設ラッシュ 近年、中国の茶産地では博物館の建設が進んでいます。 以前であれば、お茶の博物館といえば、杭州にある中国茶葉博物館ぐらいでした。 しかし、今では有力なお茶を生産する産地には、たいていその地域の名 …

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

重要なお知らせ

電茶壺V-928J修理サービス終了のお知らせ

2019年7月末日をもって修理サービスを終了いたしました。
詳しくは、おしらせ をご確認ください。

セミナーのお知らせ

今後の開催一覧はこちら

  • facebook
  • twitter

無料メルマガ登録(月1回配信)

メール
お名前
powered byメール配信CGI acmailer
アドレス変更・配信解除はこちら
PAGETOP