情報サイトの運営や出版物の企画、電茶壺の販売などを通じ、お茶の魅力を高めていきます

ティーメディアコーポレーションは、”茶”が持つ嗜好品としての魅力に再度着目し、現代の社会に合った喫茶文化の創造に寄与し続けることを経営理念としています。
お茶に関する情報サイトの運営や出版物の企画・発行、電茶壺(電気ケトル)の企画・販売などを通じて、お茶の魅力を高めるために必要な”インフラ”を開発・整備しています。

お知らせ

セミナー「標準」を読む:第5回の開催日程(1月・東京)および第4回追加開催について

ご好評いただいております、セミナー「標準」を読むにつきまして、 第5回(紅茶)の1月開催日程(東京) 第4回(烏龍茶)の1月開催日程(東京) が確定いたしましたので、ご案内いたします。   第5回 紅茶の標準 …

セミナー「標準」を読む:2月広島・札幌開催について

ご好評いただいております、セミナー「標準」を読むにつきまして、2018年2月に 広島開催 札幌開催 を実施することになりましたので、ご案内いたします。 広島開催 昨年7月に実施した、第1回・第2回の続きとして、第3回・第 …

セミナー「標準」を読む:新春集中講座開催について

ご好評いただいております、セミナー「標準」を読むにつきまして、 新春集中講座(東京)の日程 が確定いたしましたので、ご案内いたします。   新春集中講座(東京) ※個別の回ごとの参加も可能です ご好評にお応えし …

セミナー「標準」を読む:1月名古屋・2月京都開催について

ご好評いただいております、セミナー「標準」を読むにつきまして、2018年1月および2月に 名古屋開催 京都開催 を実施することになりましたので、ご案内いたします。 名古屋開催 昨年6月に実施した、第1回・第2回の続きとし …

セミナー「標準」を読む:第4回の開催日程(12月・東京)

ご好評いただいております、セミナー「標準」を読むにつきまして、 第4回(烏龍茶)の12月開催日程(東京) が確定いたしましたので、ご案内いたします。   第4回 烏龍茶の標準 セミナーシリーズの第2回以降は、実 …

代表ブログ:「消観茶論」消費者の観点から見たお茶のあれこれ

第29回:玉石混淆の中国のお茶ネットショップ事情

急拡大する中国の電子商取引 中国では、オンラインストア(電子商取引)の躍進が著しいと言われています。 それを象徴的に表しているのが、毎年過熱化している「独身の日」の商戦です。 11月11日で「1」が4つ並ぶことから「独身 …

第28回:”ブランド化”の功罪は

今月の初め、武夷山に出かけてきました。 武夷山では旅游区を中心に滞在していたのですが、武夷山空港から旅游区に至るまでの間には、数え切れないほどの茶葉店を見かけました。 さすがはお茶の街です。 さらには、真新しいショッピン …

第27回:「茶城」を考える

中国の大都市には、茶業者が多く集まる「茶城」と呼ばれる茶葉市場が存在します。 台湾や香港などには存在しない、この独特の流通拠点は、中国ならでは事情により形成されたものです。 茶の流通網が一度は壊滅 中国は、かつてはアヘン …

第26回:消えたはずの大禹嶺

お茶の世界では、色々なことが起こります。 たとえば、台湾最高海抜(約2600m)のお茶として、台湾はもとより、日本や大陸でも名前が通っている「大禹嶺」。 あまり日本では報じられていませんが、2015年11月に大禹嶺地域の …

第25回:広がりはじめた「茶の愛好家」の輪

今月の7日・8日、国内では最大の中国茶イベント「第13回 地球にやさしい中国茶交流会」が開催されました。 2008年から、私も含めた中国茶の愛好家グループが自主的に企画し、運営してきたイベントです。 ところが、各種報道に …

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP